受付中

【経営者向けセミナー】家は躯体×デザインなだけ!?これからの住宅デザインに必要な視点

家は躯体×デザインの組み合わせなだけ?

住宅事業者であれば、住宅デザインの要素として、間取りや構造、仕様、意匠に分けて考えることかと思います。

ですがエンドユーザーの視点では、住宅デザインとはあくまで「どんな箱のカタチにどんなデザインが貼られているか」という認識なのです。つまり、「躯体(外観+間取り)×デザイン」がエンドユーザーにとっての住宅デザインの要素になります。

ユーザー目線からすると、デザインは違う躯体に張替えができるものなのです。

この考え方を「スケルトン×インフィル」といいます。

実はこの発想にぴったりなのがDoliveの規格住宅です。内装と外装がそれぞれ別のパッケージになっているため、躯体に貼るデザインとして活用できるようになっているのです。

今回、このスケルトン×インフィルの考え方と活用方法を、より詳しくお伝えするセミナーを開催します。関心を持っていただいた方は、ぜひご参加ください!

Doliveとは?

Doliveは、「家づくりのアイデア」や「暮らし方」の新たな情報(価値観)を多くのユーザーに届けるWEBメディアを軸とした住宅ブランドです。

Webメディアでは、家を検討するユーザーが理想の家づくりをカジュアルにシミュレーションできるためのアイデアや情報を提供しています。

また、ユーザーの「こんな家あったらいいな!」をカタチにするために、様々なブランドやクリエイターとコラボレーションしながら、新しい発見やカルチャーを創造していきます。

Doliveの魅力① 規格住宅商品

さまざまなブランドやクリエイターとコラボレーションして、コンセプトやデザインを開発。ユーザーの「こんな家があったらいいな!」をカタチにしています。

各プロジェクトでは規格住宅商品として使えるプランはもちろん、土地条件に合わせた別の建物躯体やマンションにもデザインを流用できる、スケルトン×インフィル発想で作ったデザインパッケージも提供しています。各社様の事業内容に応じて、様々な使い方が可能です。

Doliveの住宅デザインパッケージ
Dolive規格住宅

Doliveの内装デザインパッケージ
Doliveリフォーム・リノベーションプラン

 

Doliveの魅力② WEBメディア

家づくりのアイデアや新しいカルチャーを発信するDolive公式コンテンツを、各加盟店様が地域のお客様へ発信していくWEBコンテンツとして活用いただけます。また、掲載されているアイデアや事例をもとにお客様と商談する資料にも使えます。
WEBコンテンツ

Doliveの魅力③ クリエイティブツール

ユーザー層にグッと響く、高いクオリティのクリエイティブツールが充実。営業時に使えるパンフレットやリーフレット、広報宣伝に使える写真素材や動画素材、そしてメディアコンテンツなど。HP、SNS、CMなどさまざまな用途で有効活用できるツールを提供しています。

※ご参加は住宅事業者様に限らせていただいております。
※弊社競合企業様のご参加はお断りさせていただいております。

会場
オンライン ※本プログラムは「zoom」を利用して実施いたします
日時
申し込みフォームより、参加希望の日程をお選びください。

お申込みはこちらから

※必須項目は必ずご入力ください。